いつもはイライラばかりだが珍しくスムーズな1日

今日は充実した1日でした。

家族全員早起きで、夫を見送り、幼稚園児を見送り、下の子とたっぷりお外遊び。
天気が良くて砂場の砂もカラッカラに乾いてサラサラとした手触りが心地よかったです。
ひたすらスコップで砂を掘って埋めての繰り返しでしたが、子供が楽しそうで私も楽しかったです。
蟻を見つけるとしばらく蟻の観察をするのですが、手で蟻を潰そうとして、止めるのに大変でした。
子供の残酷さ……ですね。
蟻は危険を察知したのか、すぐいなくなってしまいました。

長子が幼稚園から帰ってきてから、市役所へ行ってきました。
いつも混んでいて駐車場の空きがないのですが、今日はすぐに駐車場に入れました。
駐車するのが苦手な私にはラッキーでした。
帰宅すると、お腹すいた!の声があったので、5時から夕食でした。
玉ねぎと人参のお味噌汁と鮭を焼いただけで済ませてしまいました。明日からはきちんとします!
夕食後に洗い物をしていると、「いつもお皿とフォークとスプーン、洗って、どうもありがとう」といきなり長子が言ってくれて、ほっこりしました。
「お父さんにも、がんばってえらいねって言わなきゃ」と言っていて、思わず笑ってしまいました。
誰かに教わってきたのかな?

こんなゆるい感じの1日でしたが、明日も心穏やかに過ごせると良いな。

いつもはイライラばかりだが珍しくスムーズな1日

珠城りょうさん・美園さくらさんで上演『雨に唄えば』

2018年に宝塚歌劇団月組で上演されたミュージカル『雨に唄えば』。1952年にジーン・ケリーさん、ドナルド・オコナーさん、デビー・レイノルズさんの出演した映画『雨に唄えば』を元に作られた作品です。宝塚歌劇では、2003年に安蘭けいさん、大和悠河さん、陽月華さんを中心とした星組で上演され、2008年に大和悠河さん、蘭寿とむさんを中心とした宙組で上演されており、再びの再演でした。トップ娘役愛希れいかさんが別の公演に出演している中行われた公演で、ヒロイン役を美園さくらさんが演じました。
俳優のドン・ロックウッドをトップスターの珠城りょうさんが、ドンの親友でピアニストのコズモ・ブラウンを美弥るりかさんが演じました。悪声の持ち主で女優のリナ・ラモントを男役の輝月ゆうまさんがユーモアたっぷりに演じました。
女優でリナの吹き替えを担当することになるキャシー・セルダンを美園さんが演じました。リナの友人ゼルダ・サンダースには叶羽時さんが扮しました。高麗美人 薬局

珠城りょうさん・美園さくらさんで上演『雨に唄えば』