お風呂で滑って転んだりするのは、実はとても危険なのでは?

この前、3歳になる甥っ子がお風呂場で滑ってしまい、軽い脳しんとうを起こしたそうです。
すぐに意識は戻ったし、元気な様子だったそうですが、翌日、念のため病院を受診してみたとのことでした。
それでも特に異常はなくて大丈夫だとお墨付きをもらったそうですが、さぞかしヒヤッとしたことでしょう。
そういえば、ときどきお湯に浸かりに行くスーパー銭湯でも、床がぬるぬると滑りやすく、転びそうになったことが何度かあります。
小さい子どもなら、そういう危険もわからないのではしゃいでしまうだろうし、高齢者は筋力の衰えで踏ん張ることができなかったりすると思います。
ごくごく身近なところにこうした危険があるというのは、きちんと意識しておかなければならないことかもしれませんね。
一人でお風呂に入っていると誰も気が付かないというようなこともあるので、お風呂場というのは油断ならない場所です。
もし、一人暮らしでお風呂場で倒れてしまったら、長い時間誰も気が付かないかもしれません。
とっさのことで頭を打ったり腰を強く打ってしまったり…なんてことを考えると、とてつもなく危ないことのように思えてきました。

お風呂で滑って転んだりするのは、実はとても危険なのでは?

2017年10月10日のサッカーのハイチ戦の展望について(その2)

2017年10月10日のサッカーのハイチ戦の展望について書きたいと思います。ハイチについては初めての対戦になりますが、過去の対戦データがありません。どのような特徴のサッカーをするのかが不明確ですが、日本代表はとりあえず自分たちの攻撃の形を作るべきです。今の日本代表には中村俊輔選手のような中盤の選手が不在なため、中盤の構築を考えないサッカーをしなくてはいけません。一番手っ取り早いのは低くて速いサイド攻撃を徹底させる事です。香川選手は前へ推進する力がないため、少し後方へ下がって仲間のためにパスを供給する役割に専念した方がいいでしょう。そして、長友選手はサイドを一気に駆け上がる仕事をする事です。サイドを駆け上がり敵陣のペナルティエリア内に侵入した時に、攻撃の迫力が最も増します。しかし、今の日本代表にはそれがありません。だから日本のサッカーは面白くないと認識されるのです。ハイチ戦で試す事は、どこまでサイド攻撃の形が作れるかにあります。脱毛ラボ 自己処理

2017年10月10日のサッカーのハイチ戦の展望について(その2)